2008年03月01日

♪Ethiopian Groove: The Golden Seventies/Various Artists

昨日アフリカものを紹介して思い出したのがこれ。

The Golden Seventies

以前エチオピアの歌手でAster Awekeという人を紹介しましたが、これと同じ音楽の、こちらはオムニバス・アルバム。
アフリカと言ってもパーカッションがきいたカッコイイ音楽ばかりではありません。
こちらはひと言でいうと“演歌”なのです。
それも日本の演歌そっくり!
エレキ・ギターやサックスメインのアレンジが多いです。
とても'90年代に発売されたとは思えないチープなアレンジ!(笑)
まっ、この記事読んで“聴いてみたい”とか、ましてや“ほしい!”なんて人はいないのでしょうが、慣れると愛着がわく音楽なのです。
posted by omiyage at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

♪Zimbabwe - The Soul of Mbira

オルゴールの原型と言われているアフリカのムビラ。
少し“のほほん”とした音が気持ちを和らげてくれ、ずっと聴いてると引き込まれていきます。

Mbira

ジャケ違い↓ですが同じアルバムだと思います。
視聴できます。
Explorer: Zimbabwe - The Soul of Mbira
Various Artists
Explorer: Zimbabwe - The Soul of Mbira
曲名リスト
1. Nhemamusasa
2. Taireva
3. Nyamaropa
4. Kuyadya Hove Kune Mazove
5. Mbiriviri
6. Nhimutimu
7. Nyamaropa Yevana Vavamushonga
8. Dangurangu
9. Kumakudo

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下はYou Tubeで見つけたちょっとお気に入りの演奏。
(上の記事のものとは無関係)

posted by omiyage at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

♪Mahmoud Ahmed(マハムド・アハメド)のEre Mela Mela(エレ・メラ・メラ)

私は特にこのアルバムをジャズだと思って聴いたことはないのですが(^^)、一言で言うと多分一般的には、
「ジャズ風の、民族色を上手く取り入れたエチオピアのソウルフルな音楽」ということになるのかな?
まっそれはともかく、なんと言っても聴きどころは、マハムド・アハメドのボーカルですが、そのボーカルに加え、ギター、サックス×2、オルガン、ベース、ドラムスといった編成での演奏がまたカッコイイ!
'75〜'78年の録音を集めたCD。
「Sidetegnash Negn」や「Indenesh Gedaow」といった曲なんかが特に好きですね。

Ere Mela Mela/Mahmoud Ahmed
Ere Mela Mela/Mahmoud Ahmed

私所有の上のアルバムが今は売られていないみたいですが、再編集盤(曲順などが違う)で下記のCDが発売されているみたいですね。
視聴可。

Ethiopiques, Vol. 7: Ere Mela Mela
Mahmoud Ahmed
Ethiopiques, Vol. 7: Ere Mela Mela
曲名リスト
1. Ere Mela Mela
2. Metche New
3. Bemen Sebeb Letlash
4. Abbay Mado
5. Embwa Belew
6. Atawurulegn Lela
7. Ohoho Gedama
8. Sedetegnash Negn
9. Sameraye
10. Endenesh Gedawo
11. Fetsum Denq Ledj Nesh
12. Ebakesh Tareqign
13. Asheweyna
14. Belomi Benna
15. Tezeta

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

♪Aster Aweke の Ebo

昔はよく、ワールドミュージック(そんな言葉も知らなかったが)なんて聴いてると言うと「変な音楽聴いてる人」扱いされたものです。
ポピュラー音楽でも民族色が強いものほど他の国の人が聴くと変わった音楽に聞こえるものです。
でも、その国の人にとっては“ごく普通の日常の音楽”な訳ですね。
出来るだけ色んな音楽を聴くようにして慣れてくると、その音楽のもつ良さが分かってきます。

と大袈裟な文章を書くほどでもないのですが、
エチオピアのAster Awekeという女性の「Ebo」というアルバム。
このアルバムをレコード屋さんで初めて聴かせてもらった時は、それでも「変な曲っ!」って思いました。
「シンセを多用した為、安物っぽくなってしまった演歌か歌謡曲」といったイメージでした。
即決で買いましたけど・・・(笑)
正直ゲテモノ趣味的に買ったのですが、聴き慣れてくると何故か愛着が沸いてきたアルバムです。

aster-aweke



すみません。
もっときちんと紹介されているサイトを見つけましたので、そちらもどうぞ。
「The Rambler's Place」
http://homepage2.nifty.com/ramblers_place/aa/ebo.htm
posted by omiyage at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

♪Mory Kante (モリ・カンテ)の A Paris (イェ・ケ・イェ・ケの原曲収録)

アコースティックなのでヒットしたヴァージョンよりも私は好きです。
長く聴こうと思ったらこちらがお勧め!
a_paris
※購入はこちらをクリックして日本のamazonで。
視聴はこちらをクリックしてフランスのamazonで。

ちなみにヒットしたヴァージョンはここをクリックしてフランスのamazonで視聴
akwaba
こんな↑ジャケットです。

最近見つけたベストはこれ↓
Best of Mory Kante
Best of Mory Kante

視聴はこちらをクリックしてフランスのamazonで。
posted by omiyage at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。