2010年08月20日

♪ムソルグスキーの展覧会の絵

展覧会の絵はラヴェルだと思ってた人が、少なくとも私の職場で2人いました。(^^)
そのぐらいラヴェル版は有名なんですよね。
私も子供の頃からよく耳にするのはこのラヴェル版の方でした。

ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)
ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版)

このCDはその管弦楽アレンジのものとオリジナル(?)のピアノ版とがカップリングされていて
比較もしやすく、よく売れているみたいです。
この私でさえ持ってるんですもんね。(^^)

で、902円だって。
posted by omiyage at 19:38| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

ツイッター始めました。

あまりつぶやかないかも知れませんが、
何卒、宜しくお願いします。

♪誰が聞くのか?ロゴ

http://twitter.com/darekiku
posted by omiyage at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 誰が読むのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

♪J.S.バッハのカンカータ第140番と第147番

発見!
加藤和彦のヨーロッパ3部作を聴いて、すぐその後にこのカンカータを聴いたのですが、全体を通してものすごくポップに聴こえてしまいました。
これは加藤和彦が凄いのか?
バッハが凄いのか?
それとも私の耳がおかしいのか?(笑)

まぁ、結果的には加藤和彦さんもバッハさんも凄い!というところに落ち着くのだと思いますが、今日は私にとって凄くいい発見でした。

バッハ : カンタータ 第140番&第147番
アーノンクール(ニコラウス) ベルギウス(アラン) テルツ少年合唱団 ランプフ(シュテファン) ハンプソン(トーマス) エクビルツ(クルト)
バッハ : カンタータ 第140番&第147番
曲名リスト
1. カンタータ第147番「心と行いと行きざまもて」
2. カンタータ第140番「目覚めよと,我らに呼ばわる物見らの声」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何でもいいんですが、例えば下の曲なんか。
(加藤和彦さんが歌ってると思って想像すればなおさら。(^^)



posted by omiyage at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。