2010年01月24日

QRコードを作ってみました。

ネットで簡単に作れるんですね。

♪誰が聞くのか?携帯サイト

♪誰が聞くのか?携帯サイト


こちらで作りました。
QRコード(二次元バーコード)作成【無料】
http://www.cman.jp/QRcode/
posted by omiyage at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 誰が読むのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

♪高橋幸宏のLife Time, Happy Time 幸福の調子

Lifetime,Happy Time 幸福の調子【SHM-CD】
高橋幸宏
Lifetime,Happy Time 幸福の調子【SHM-CD】
曲名リスト
1. 元気ならうれしいね
2. 男において
3. 素敵な人
4. FOLLOW YOU DOWN
5. GOOD DAYS,BAD DAYS
6. FATHERS
7. PURSUIT OF HAPPINESS
8. HAPPY CHILDREN
9. MIS
10. しあわせになろうよ
11. 幸福の調子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近また「FATHERS」聴いて泣いてます。
父親になればなるほど実感します。
泣くと言っても「自分は家族の犠牲になって不幸だ」なんて思って泣くのでは無く、なんというか、でもやっぱり幸せなんですよね。
「男のくせに泣くんじゃない子供の頃に言われる言葉・・・」
って「男において」の歌詞で言ってますが、泣くのは健康にも良いのだそうで、歳をとったら泣きましょう!(笑)

このアルバムは幸せがテーマみたいになってます。
幸せなんて私が思うにその人の気の持ちようだと。
例えば「F1ドライバー目指してた青年が今では車の修理工」だったとしても夢破れて今不幸かと言うとそうでもない。
結構幸せに楽しくやってたりします。
普通は環境ではなくて自分の気の持ちようですよね。

私はファザコンでもなく、特別お父さん子でもなかったのですが、これは泣けます。
でも未だに「ありがとう」って言えてないんですけどね。(^^;;;

ハッピー・デイズ
徳武弘文
ハッピー・デイズ
曲名リスト
1. ギター天国
2. Slide Down to Louisiana
3. Electric KEITH
4. 私の足なが伯父さん
5. Birds Eyes View
6. Just Be A Friend
7. Moonlight Starlight
8. Apache
9. Fathers(with 高橋幸宏)
10. 青春サイクリング(with ビギン,高野寛,南こうせつ)
11. Just A Second

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Rembrandts
The Rembrandts
The Rembrandts
曲名リスト
1. Just the Way It Is, Baby
2. Save Me
3. Someone
4. Show Me Your Love
5. New King
6. Every Secret Thing
7. If Not for Misery
8. Moonlight on MT. Hood
9. Goodnight
10. Burning Timber
11. Confidential Information
12. Everyday People
13. Follow You Down

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by omiyage at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

♪高橋幸宏のFate of Gold(フェイト・オブ・ゴールド)

視聴可
Fate of Gold 【SHM-CD】
Fate of Gold 【SHM-CD】

成熟ポップス。
ほとんど名曲だと思います。
師匠の生ドラムがやっぱりいいー

1曲目「僕は運命を信じない」の歌詞に出てくる師匠が吸ってたハイライト。
私も4年半前に煙草を止めるまでは師匠の影響でハイライト吸ってました。
20年近く吸ったかな。

2曲目この「THE LOOK OF LOVE」はポップスとしては最高の出来じゃないでしょうか。
さすがバカラック好きの師匠です。

「さえない気持ち」は歌詞や曲自体はもちろん、声の処理が気持ちいい。

そして竹中直人さんに提供してその後セルフカヴァーした「メルシィ・僕」。
エンディングには竹中直人さんの声で「なんかだるいな〜、色んなことみーんなだるい、だるくてだるくてたまりませーん、たまりませーん」って入ってるのが素敵。

「こんなぼく(君はまだ若い)」や「十月の恋」では鈴木慶一さんや森雪之丞さんによって、うんと歳の離れた年下の女性との恋愛を歌わされています。
無理してなくて、いい意味で成熟と共に枯れてきた男性が幸宏師匠のイメージとピッタリ重なります。
私と妻が13歳差なのもこの影響かも知れません。(爆)

「海辺の荘(いえ)」(作詞:鈴木慶一 作曲、編曲:高橋幸宏)は成熟した大人のラブソング。
これもホントいいですねー、なんでも当初この曲のタイトルが「高橋荘(そう)」だったとかなんとか以前ラジオかなんかで師匠が言ってた記憶があります。
「高橋荘」にならなくて良かったです。(笑)

「僕たちのしあわせ」はKYONとの共作。
おとなしめの静かなアレンジでいい曲です。

「Fate of Gold」もエンディングにふさわしいインスト。

ホント正直言いますと「Flash Light」以外は全部名曲だと思います。
「Flash Light」は嫌いじゃないけどって感じです。
好きな人はゴメンナサイ。

MERCI BOKU
MERCI BOKU

いや〜、今日はなんか久しぶりに自分なりにちゃんと記事を書いた気がしました。(笑)
posted by omiyage at 19:44| Comment(5) | TrackBack(1) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。