2008年12月28日

♪Harry&Mac(ハリーとマック)のRoad to Louisiana(ロード トゥ ルイジアナ)

細野さんと久保田麻琴さんのユニット。
久保田さんから声を掛けて実現しただけあって、久保田ワールド的なところが多いと思いますが、細野さんもきっとやりたかったんだろうなぁと思います。
こういうアルバムもちゃんと残してくれるところが嬉しいですよね。
実現こそしなかったけど、細野さんの希望どうり、これに本当にドクター・ジョンが加わっていたらもっと素敵だったかな。
アルバム「ガンボ」からのセルフカヴァーなんかが聴けたら最高だったかも。

Road to Louisiana
ハリーとマック 久保田麻琴 細野晴臣
Road to Louisiana
曲名リスト
1. Night Shade
2. New Orleans
3. Magnolia
4. Easy Rider
5. Choo Choo Gatta Gotto’99
6. Malama Pono
7. Coyote Wedding Song(インストゥルメンタル)
8. Crazy Love
9. Too Ra Loo
10. Hoo Doo You Love?
11. Pom Pom Joki
12. Louisiana Lullaby
13. 時にまかせて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところで、このアルバムで細野さんが「Choo Choo Gatta Gotto」をセルフカヴァーしていますが、その中の歌詞で、「やつがやってるロックンロール、あれはいいね。・・・・・誰が聞くのか?」というのがあります。
そうです、このブログのタイトル「♪誰が聞くのか?」はここからとったのです。
と、大したことではないですが・・・(^^;;;

それでは、今年はもう更新もできないと思いますので、
皆様今年も色々お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。

ということで、よいお年を!
posted by omiyage at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

♪高橋幸宏のA DAY IN THE NEXT LIFE

クリスマスに「X’MAS DAY IN THE NEXT LIFE」や「神を忘れて,祝へよ X’mas time」をわざわざ聴く人はあまりいないかも知れないけど(笑)、一応それだけの理由で本日の紹介でした。(^^;;;
iTunes Storeで視聴可↓

 X’mas Day In the Next Life 


1. ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART
2. 震える惑星
3. 愛はつよい stronger than iron
4. 360°
5. 空気吸うだけ
6. BETSU-NI
7. EVERYDAY LIFE
8. X’MAS DAY IN THE NEXT LIFE
9. 神を忘れて,祝へよ X’mas time
10. NIGHTCALE IN HEAVEN

あと「BETSU-NI」は、このヴァージョンも好き。
Neil Young (ニール・ヤング)の「ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART」のカヴァーも素敵です。


Only Love Can Break Your Heart - Neil Young
posted by omiyage at 18:54| Comment(4) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

♪Tin Pan(ティンパン)

Tin Pan/ティンパン

1. Fujiyama mama
2. Queer Notions
3. Starlight Strut
4. Flying Pick Blues
5. Bon Temps Rouler
6. Been Beat
7. Travellin' Mood
8. 76 Tears
9. Soylent Green
10. Flowers
11. Hand Clapping Rhumba 2000
12. Growth

2000年に発売されたアルバム。
もう8年も経ったんですね。
メンバーは御存知「細野晴臣」「鈴木茂」「林立夫」。(松任谷正隆さんがいない)
最近こればっかり聴いてます。
カッコイイです。
ゲストも豪華です。
大滝詠一、忌野清志郎、矢野顕子、大貫妙子、吉田美奈子、小坂忠、高野寛、中村一義、高遠彩子、デヴィッドテゥープ、そして久保田真琴。
矢野顕子さんはコメントで「ティンパンの音と、おいしいおせんべいのために日本へ住んでもいいとさえ思った。」とおっしゃっています。(^^)
ジャケットデザインはテイ・トウワさん。
大滝さんの「Niagara Moon」(視聴可)に収められている「Hand Clapping Rhumba」(演奏はやはりティンパンアレー)をここでも演ってますが、メインボーカルが忌野清志郎。
清志郎さんは細野さんに「何で俺を呼ばないんだ」って電話してきたそうです。
しかも夜中の2時。(笑)
さすが清志郎!って感じでボーカルの存在感としては正直大滝さんを超えていると思います。
しかしながら大滝さんも例の「2番は1番とちょっと違う」というフレーズでしっかり参加。
これだけでも感激してしまうので、やっぱり大滝さんスゲー!

うーん、これ以上書いてるとキリが無い!

残念なのはamazonやHMVにリンク張ろうと思ったのですが、無かったこと。
ダメだよ、こんなアルバムはずっと売リ続けてなきゃ!

posted by omiyage at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Tin Pan Alley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

♪Miles Davis(マイルス・デイビス)のBitches Brew(ビッチェズ・ ブリュー)

ジャズでもないロックでもない、そこにマイルスがいるだけ。

かっこ良さそうな出だしの記事にしてしまいましたが、白状すると私は結構最近までこのアルバムが苦手だったんです。
まぁジャズを聴くと言っても今までほとんどハードバップ野郎だったので仕方がないのですが、考えてみればジャズ以外のジャンルでは結構ヘンテコなものまで聴いているので、こんなにカッコイイものが苦手だなんておかしいんですよね。
で、それに気が付いて何回か聴いているうちに今度は好きになっちゃった。(^^)
嬉しいことです。

視聴可
Miles Davis/Bitches Brew - Remaster


Disk 1
1. Pharaoh's Dance
2. Bitches Brew

Disk 2
1. Spanish Key
2. John McLaughlin
3. Miles Runs the Voodoo Down
4. Sanctuary
5. Feio [*]
posted by omiyage at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Miles Davis (tp) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。