2008年08月28日

♪RIKKI(中野律紀)のmiss you amami(ミス・ユー・アマミ)

ピアノにギターやアコーディオンと、ポップスによく使う楽器と民謡とを上手く融合させ、違和感なく歌い上げているアルバム。
このアルバムの成功があったからこそ「結ぬ島へ-リッキの奄美島唄-」が生まれたんだなぁと思わせる名盤。
RIKKIは先日記事にしたばかりですが、今改めてハマっていまして最近RIKKIばかり聴いています。
RIKKIを聴いている時は私にとってホントに至福の時間なのです。

中野律紀(Rikki)/Miss You Amami


1. 加那よねんねこよ
2. のぼたんぬ花
3. イムジン河
4. ミハチガツぬ夜
5. いきゅんにゃ加那〜ヨイスラ
6. 塩道長浜
7. 祭りメドレー(ワイド節〜天草〜稲すり節〜くどぅき〜六調)
8. 永良部百合の花
9. 東崎
10. 奄美の子守唄

「加那よねんねこよ」は子守唄になっていて、その昔、サトウキビが不作だった時、やっとの思いで授かった女の子を思って、自らの危険を省みず、お乳を出すために、本来は薩摩藩に奉納するものであるサトウキビを食べて子供を育てた女性の唄。
母は強し!感動です。

「塩道長浜」は昔、ケサマツという男を寄せ付けようとしない美人の女性がいて、一人の青年が求婚するのですが、女性は男の足を馬の手綱にくくりつけ、馬に引きずらせて殺してしまうというむごい唄。
女性は怖し!(笑)
でもこの曲のアレンジがまたいいんです。
RIKKIの裏声も堪能できます。(^^)

1998年に自主制作盤で発売されたアルバムですが、2004年にイギリスでも発売になりました。

Office RIKKI
http://www.office-rikki.com/
posted by omiyage at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | RIKKI (中野律紀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

♪commmons(コモンズ)からschola vol.1 J.S. Bach Ryuichi Sakamoto selection

坂本龍一の完全監修!
CDと歴史的背景を網羅した120ページのブックレットが一体化した“スコラ”シリーズ。
その第1弾が坂本龍一自身のセレクトによるJ.S.Bach(バッハ)!
今後こういうのを年間3巻リリースして、10年間で全30巻という壮大なスケールのシリーズ作品を出していくそうです。
音楽図鑑ですねー(^^)
昨日かづさんのブログで知って即予約。
今後どんなものが出てくるのか楽しみです。
全部集めるのはさすがに大変だけど・・・

Commmons: Schola: Vol.1 J.s.bach: Ryuichi Sakamoto Selection
icon

icon
icon

01. カンタータ 140番 コラール(テノール)「シオンは物見らの歌うを聞けり」 / ニコラウス・アーノンクール
02. カンタータ 147番 コラール「幸いなるかな、われはイエスを得たり」/ ニコラウス・アーノンクール
03. マタイ受難曲 第2部 54. 「コラール:血潮したたる、傷だらけの御頭」 /ヴィレム・メンゲルベルク
04. 平均律クラヴィーア曲集第1巻 第6番 ニ短調 BWV 851 / グスタフ・レオンハルト
05. ゴールドベルク変奏曲BWV988 アリア / グレン・グールド
06. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 シャコンヌ / 塩川悠子
07. 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調, BWV1007 プレリュード / 藤原真理
08. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 ヴィヴァーチェ / ヘンリック・シェリング(ヴァイオリン)、モーリス・アッソン(ヴァイオリン)、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ、指揮:サー・ネヴィル・マリナー
09. 管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV1067 − バディネリ/ スウィングル・シンガーズ
10. 音楽の捧げもの BWV1079 3声のリチェルカーレ /バルトルド・クイケン(フラウト・トラヴェル)、シギスヴァルト・クイケン(バロック・ヴァイオリン)、グスタフ・レオンハルト(独奏チェンバロ&音楽監督)
11. 音楽の捧げもの BWV1079 6声のリチェルカーレ(ヴェーベルン編曲)/ ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ピエール・ブーレーズ
12. 音楽の捧げもの BWV1079 トリオ・ソナタ ラルゴ / オーレル・ニコレ(フルート)、 オットー・ビュヒナー(ヴァイオリン)、フリッツ・キスカルト(チェロ)、カール・リヒター(チェンバロ、指揮)
13. フーガの技法 BWV 1080 - コントラプンクトゥス 1 / フレットワーク
14. フーガの技法BWV 1080 - 3つの主題によるフーガ (コントラプンクトゥス14) /フレットワーク

http://www.commmons.com/
posted by omiyage at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

♪RIKKI(中野律紀)の結ぬ島へ-リッキの奄美島唄-

以前「RIKKI」や「むちゃ加那」というアルバムを紹介した“RIKKI”こと中野律紀の
結(ゆい)ぬ島(しま)へ-リッキの奄美島唄-。
オリジナルと奄美民謡で構成され、2005年1月19日三十路となる誕生日に発売された、今のところ最新作です。
以前のアルバムも勿論そうなんですが、今までで一番本気度が直接伝わってくるアルバムで、二胡、三味線、お囃子、尺八等々のアレンジもリッキの歌にとても馴染んでいます。
「民謡などの唄と奄美をホントに心の底から愛しているんだな」ということがすごく分かります。
あっ、それと話は変わりますが、先ほどオフィシャルウェヴサイトを覗いたところ、なんと5月に双子の男の子を出産されてました!
びっくらこきました。
おめでとうございまーす!!!
次のアルバムは我が子への愛情を歌った、泣かせる曲をお願いしたいものです。

Rikki - 結ぬ島へ -リッキの奄美島唄-


amazon↓
結ぬ島へ-リッキの奄美島唄-
RIKKI
結ぬ島へ-リッキの奄美島唄-
曲名リスト
1. 結ぬ島へ
2. 童ん達
3. ototsumugi
4. 朝花
5. 長雲
6. ヒヤルガヘー
7. まんこい
8. 実久くばや
9. ぬやまくじょ
10. ほこらしゃや
11. リッキの六調

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Office RIKKI
http://www.office-rikki.com/
posted by omiyage at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | RIKKI (中野律紀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

♪寺内タケシとブルージーンズのレッツ・ゴー エレキ節〜エレキの民謡お国めぐり〜

幼少の頃、父親のスカイラインGTX(Rじゃないよ)に乗ると8トラのカーステから流れてくるのは、私向けの童謡か、父親の好きなオールディーズ、マンボ他諸々。
その中のひとつにこの寺内たけしさんの、たしか「レッツ・ゴー 民謡」と題されたドーナツ盤から録られたものがありました。
当時は童謡よりも反応してましたねー(笑)
もちろん“民謡”というジャンルがあることや、“ベンチャーズ”の存在なんかも知らない頃です。
父親がよく聴かせてくれたのは
・津軽じょんがら節
・さのさ
・黒田節
・おこさ節
の4曲でした。
4曲共大好きで、今聴いてもむっちゃカッコイイです。
このCD買おうかなっ!(^^)
視聴可↓

寺内タケシとブルージーンズ/レッツ ゴ-エレキ節 エレキの民謡お国めぐり


なんと↓「津軽じょんがら節」の渡辺香津美との共演ビデオがあった!


寺内タケシとブルージーンズ - 津軽じょんがら節
演奏としてはこっち↓の方が凄いと思う。
posted by omiyage at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

♪Bay Ba,Van Vi,Nam Co の Cung Thuong Hoa Dieu

なんと説明したら良いのだろう?(笑)
とにかくベトナムのことは全然わからないのですが、以前大阪のプランテーションで視聴させてもらって気に入って買ったもので、ただ名前の読み方(発音)すら分かりません。(^^;;;
で例えば下のジャケットのCD。

VONG CO

これはVONG CO(ヴォン・コと発音することにします)と言うジャンルのいわゆる大衆歌謡です。
このジャケットからも想像がつくように、今となっては決して若者のジャンルではありません。(笑)
で、今日紹介するのはCo nhac(コ・ニャックと発音することにします)というジャンルで、簡単に言うと上で紹介した大衆歌謡のインスト版みたいなもの。
これね。↓
Cung Thuong Hoa Dieu/Bay Ba,Van Vi,Nam Co
CO nhac

特にジャケット真ん中のVan Vi(ヴァン・ビと発音することにします)という人は盲目のギターリストで、この人のギターに何故か聴いてるうちに引き込まれてしまいました。
もちろんロックやポップスじゃないのであんまり格好いいギターを想像してもらうと違うのですが、私的にはそれなりに格好良さも感じています。
でリズムですが、曲中所々日本の間と同じような“間”があるのです。
不思議です。

と、まぁこれだけ書いても皆さんには全然伝わってないとは思いますが、説明下手ですみません。(^^)
しかも多分ですが、このCDは日本広しと言えどもプランテーションでしか手に入らない(直接ベトナムへ買い付けに行って苦労して探されたもの)と思いますので、本当に買った人しか聴けないのです。
すみませんでした。(^^)
posted by omiyage at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

♪艾敬(アイ・ジン、Ai Jing)

1992年に「我的1997」でデビューした中国のシンガー・ソング・ライター。
艾敬が出て来た時は、素朴で清純で、サウンドもアコースティックでポップで・・・と結構新鮮でした。
私も当時は続けてサード・アルバムまで買いました。

我的1997(ファースト・アルバム)
我的1997

艷粉街的故事(セカンド・アルバム)
艷粉街的故事
※↑このジャケットが一番好きです。

追月(サード・アルバム)
追月

最近久しぶりに思い出して検索したらデビュー曲の「我的1997」が「我的1997和2007」というタイトルでリメイクされて出ていました。
“セルフカヴァー”と言わずに“リメイク”と書いたのは、どうも香港政府観光局が観光用に彼女にリメイクをお願いして実現したものらしいからです。
さすがに八百伴(ヤオハン)の歌詞はなくなっていました。(笑)
で、いいんですよこれが。
当時のイメージを壊すことなく、よりポップな仕上がりになっています。
アイ・ジン自身も変わりなく素敵でカワイイままです。

オフィシャル・サイト
http://www.aijing.com/

我的1997


我的1997和2007


艾敬 - 我的1997(LIVE)
posted by omiyage at 18:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 中国・香港・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。