2006年07月31日

♪フリッパーズ・ギターのTHREE CHEERS FOR OUR SIDE〜海へ行くつもりじゃなかった〜

8/25にデジタルリマスタリングで紙ジャケ再発されるらしいです。
フリッパーズ・ギターはこれしか持ってないし、これ以降も私はあまり興味が出なかったんですが、このアルバムだけは逆に、みんなに聴かせたいアルバムのひとつです。
当時、「最近の日本の若い子(おっさんの言い方ですみません)にもいいセンス持ってる子がいるんだ」(私も当時は結構まだ若かったのですが・・・)と、ちょっとうれしくなったアルバムです。
「ハロー~いとこの来る日曜日」「コーヒーミルク・クレイジー」は必聴!
「ヘタうま」ではなく「ヘタヘタ」ですが、この彼らの英語がまた不思議にいいんです!

THREE CHEERS FOR OUR SIDE~海へ行くつもりじゃなかった~(紙ジャケット仕様)
フリッパーズ・ギター
THREE CHEERS FOR OUR SIDE~海へ行くつもりじゃなかった~(紙ジャケット仕様)
曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

♪高橋幸宏の音楽殺人(MURDERED BY THE MUSIC)

YMOを聴いて音楽に目覚め、当時「他にもこんな(YMOみたいな)ワクワクするような音楽無いのかなぁ?」と思っていたところにこれが出たんですよ!
「高橋幸宏様、こんなに良いテクノポップを作って残して下さって、本当にありがとうございます」と会ってお礼が言いたいです。
ライヴで「MURDERED BY THE MUSIC」なんかをやってくれると、未だに鳥肌がたちます。
他にも「STOP IN THE NAME OF LOVE」をカヴァーしていたり、「I-KASU!」なんてインストでカッコイイー!って感じだし、「BLUE COLOUR WORKER」で「ムショハ ツライナァ〜」って語りがユニークだったり、ユニークと言えば「BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL」なんてタイトルもユニークです。
高橋幸宏氏のドラムに代表されるような、本来そのアーティストが持っている(生演奏などの)味や高度なテクニックが失われること無く、うまくコンピュータと融合していた時代のアルバムのひとつです。



1. SCHOOL OF THOUGHT
2. MURDERED BY THE MUSIC
3. KID-NAP,THE DREAMER
4. I-KASU!
5. RADIOACTIVIST
6. NUMBER FROM A CALCULATED CONVERSATION
7. BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL
8. BLUE COLOUR WORKER
9. STOP IN THE NAME OF LOVE
10. MIRRORMANIC
11. THE CORE OF EDEN
posted by omiyage at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

♪Haris Alexiou(ハリス・アレクシーウ)のDi Efchon(祈りをこめて)

日本盤のCDの帯には、ギリシャ・ポップ“ライカ”の女王 となっています。
1950年生まれ。
歌を聴くと(ギリシャ語がわかる訳ではないですが・・・)まさにその通りだと思います。
とにかく圧倒されます。
'92年のアルバムなので多少テクノロジーが入ってきているのですが、それがいいように作用して、今日でもベストセラーアルバムになっています。
ナナ・ムスクーリ同様、全部アルバムを集めたくなるアーティストのひとりです。
全曲視聴可

posted by omiyage at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

♪Elisabeth Waldo(エリザベス・ウォルドー)のSacred Rites

“エキゾチック・サウンド”というと、レス・バクスターやマーティン・デニー、アーサー・ライマンなどが有名ですが、他にエリザベス・ウォルドーという女性アーティストがいます。
ジャケットで判断する限り、このアルバムは2枚のオリジナルアルバムからのベスト盤みたいです。(私はこれしか知りませんでした)
そのオリジナルアルバムが、実は先月と今月(昨日)に、日本盤で発売されています。
しかし私としてはもし皆さんが購入するとしても、このアルパムで充分と思っていますので、やはり所有の(ベスト)ものを紹介します。

Sacred Rites
Sacred Rites


ただ、実際私の所有するものは上記とはジャケ違いのようで、下記のものです。

elisabeth-waldo

右が表ジャケットで、左が裏ジャケ。
裏ジャケに写っているのが本人だと思われ、手にしている楽器のようなものは“亀”です。
なんともコメントしがたいです。(笑)
サウンドについては、なんと言っても“エキゾチック”なので、まずは視聴を!

※上記amazonでは、紹介したアルバムの視聴しか出来ませんが、全曲全アルパムの視聴はHMVが可能で、因みにこちらの方では私と同じジャケットの方が売られています。
posted by omiyage at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | エキゾチック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

♪EDITH LEFEL(エディット・レフェール)のMerci

ZOUK(ズーク:フレンチ・カリビアン)の中でも彼女は非常に良質と言っていいサウンドと歌声です。
残念ながら'03年にわずか39歳で若くしてこの世を去ってしまいましたが、このアルバムは'92年に録音されたセカンドアルバムで、彼女の代表作であり、ヒット作でもあります。
毎年夏になると思い出して(惜しむ訳ではないのですが)聴いています。
明るくなりますよね。
ズーク、また流行らないかなぁ〜

Meci
Edith Lefel
Meci
曲名リスト
1. Marie
2. Méci
3. Premié l'Anmou
4. Dialogue
5. A Fête Komine
6. Rupture
7. Rivié (Péï a Ka Changé)
8. Nathalie
9. Korbeil' Fleri
10. Ti Chou
11. Contre-Temps
12. Faux Semblant
13. Tête en Bas
14. Isine Fémin
15. Rupture Soul
16. Marie Soul
17. Sensation Soul
18. Sirène

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


視聴は↓こちら

Edith Lefel - M!)ci


興味をお持ちになった方はこちらに詳しいサイトを見つけましたので、そちらをご参照下さい。
http://www.s-latino.com/spotlight/edithlefel-j.html
posted by omiyage at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

♪Talitha MacKenzie(タリサ・マッケンジー)のSolas

私の場合、MOUTH MUSIC(マウスミュージック:タリサ・マッケンジーがボーカルで在籍していたバンド)を聴いて「いいな〜」とは思ったのですが購入には至っていなくて、その後も路線的に(嫌いじゃないけど)追いかける気にはなれず。
しかし、'94年に彼女、タリサ・マッケンジーがソロを出すと話は別でした。
彼女自身はアイルランド系の“アメリカ人”ということらしいのですが、音楽的にはゲール語のワールドミュージックで、マウスミュージックの良い部分を引き継いでいます。
それと歌の途中、変なアクセントで歌うことがありますが、これは楽器の演奏を真似る歌唱法なのだそうで、これがまた民族音楽色をかもし出しています。
何はともあれ、サウンドや歌唱法以外に、私が一番引かれたのは彼女の声です。
正直、特別綺麗で透き通っている訳でもなく、かといってハスキーな訳でもないのですが、何と言うのでしょうか、“安心できる声”なのです。
声質は違いますが、日本人だと矢野顕子や吉田日出子みたいに安心できる声なのです。
現在私の知るところでは、アルバム2枚しか出していないようですが、私のお勧めはやはりファーストの「Solas」です。
ただ、セカンドの「Spiorad」の方が人気があるようですので、両方視聴してみて下さい。

こちら↓がファースト(全曲視聴可)の
Solas
Talitha MacKenzie
Solas
曲名リスト
1. Hoireann O
2. Sheatadh Cailleach [The Old Woman's Reel]
3. 's Muladach Mi 's Mi Air M'Aineoi (Mournful Am L)
4. E Hó Hí
5. Seinn O! (Sing!)
6. Uamh an Oir (The Cave of Gold)
7. Owen's Boat (O Seallaibh Curaigh Eoghainn)
8. CH Mi Na Mórbheanna/JFK (Mist-Covered Mountains)
9. Rol Hol Ill Leó
10. Funky Bird Medley: Bann de Ribinnean/Dannsa Nan Tunnagan (Band of Ribbo
11. Theid Mi Dhachaigh (The MacKenzie Lullaby)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちら↓は'96に出たセカンド(視聴不可)の
Spiorad
Talitha MacKenzie
Spiorad
曲名リスト
1. Fill Iu O
2. 3 Things
3. Fionnaghuala (Fair Shoulders)
4. Hopa!
5. Ajde Jano
6. Fear a Bhata
7. Saor an T-Sabhaidh
8. Changerais-Tu?
9. Spiorad (Spirit)
10. Griogari (Gregor)
11. Fhleasgaich Oig (O Most Gentle Youth)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※セカンドの「Spiorad」はamazonでは視聴できないみたいなので、HMVででもどうぞ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=115392
posted by omiyage at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

♪Nitin Sawhney(ニティン・ソーニー)のMigration

イギリス生まれのインド人。
インド音楽をうまくハウスやクラブミュージックにのせています。
ジャンル分けすると、今だと恐らくエレクトロニカとかに入るとは思いますが、とは言ってもダンス音楽だけてなく、ちゃんとしています。(笑)
どちらかと言うと渋めです。
最近は女性ボーカルにも力を入れているようで、聴きやすくもなってきています。
昔ラジオのサウンドストリートで坂本龍一教授がされていた「渋リク特集」が今あったらリクエストしてたと思います。(笑)

Migration
Migration


私はこのアルバム(多分セカンドアルバム)が'95年にリリースされた時に知りました。
このアルバムはアコースティックもやっていて、シビレます。
その後も出すアルバムがみんな素晴らしく、どれから聴いても好きになれると思うので最新作からでもGood!
現在7枚ほどリリースされています。

上記のamazon以外に視聴できるサイトを3つほど載せておきますので、色々視聴してみて下さい。
絶対お勧め!聴けば聴くほど効いてきます。


Nitin Sawhney


HMV

http://www.outcaste.com/
posted by omiyage at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

♪細野晴臣のHOSONO HOUSE

癒し系でもなく、和み系でもなく、「のんびり系」と言わせてもらいましょう!
癒し系や和み系の人ですら恐らく忘れてしまっている、“のんびりとした気持ち”
そんな気持ちにさせてくれるのがこの「HOSONO HOUSE」です。
しかもタイトルの通り、細野さんの自宅「細野家」で録音されました。
細野さんの記念すべきファースト・ソロ・アルバムです。
感じは「日本のロック」というより「フォークロック」です。
一番好きなのは「恋は桃色」!
しかし、全部名曲なのです。

ここーが 何処な〜のか どーでもいいことさー
どーやって来たのか 忘れ〜られるか〜な

なんてね!



1. ろっかばいまいべいびい
2. 僕は一寸
3. CHOO CHOO ガタゴト
4. 終りの季節
5. 冬越え
6. パーティー
7. 福は内 鬼は外
8. 住所不定無職低収入
9. 恋は桃色
10. 薔薇と野獣
11. 相合傘
posted by omiyage at 11:06| Comment(5) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

♪林佳儀(リン・チャイ・イー)の一個人的我依然會微笑(ニサ)

彼女が二十歳の時のデビューアルバムです。
「大好きな台湾ポップス」といっても何故こんなアイドルを買ったのか?
そもそもYMO関係以外は、日本のアイドルなんて買わなかったくせに。

その理由は、台湾語の響きが好きなことと、「Dream Of You」のカヴァーをしてたことなのです。
また、このアルバム自体が日本の曲のカヴァー集となっていますが、中でも「Dream Of You」、「うん?」って感じでついつい買ってしまいました。
御存知「竹内まりや」で加藤和彦作曲のヒットソングです。
副題が「レモンライムの青い風」
日本のアイドルと違うと思うところは、比べると歌唱力は上で、このアルバムで言えば、アレンジがシンプルなこと。
イメージ的には「坂本龍一よりもディック・リー寄り?」のアレンジで、リズムボックスやシンセを使っているにもかかわらずシンプルで、音の数が少ないことかな。
竹内まりや以外には、このアルバムではメイン扱いの「中島みゆき」(#1もいいけど、悪女がいいんだ!)、「槇原敬之」(これもいいよ!)、「中山美穂」、「稲垣潤一」などなど。
軽〜い気持ちでBGM代わりに聴いているのですが、たまにこういうの聴くと部屋が明るくなります。
ちなみに彼女、「アジア・バグース」第四代チャンピオン! ということなのですが、私にはそれがどのくらい凄いのかはわかりません。
あと日本名は「ニサ・リン」というそうです。

NISA
NISA


1. 空と君とのあいだに
2. どんなときも
3. ロング・ヴァージョン
4. ドリーム・オブ・ユー
5. 誘惑
6. ティアーズ・フォー・ユー
7. 悪女
8. 遠い街のどこかで
9. ザ・サイン
10. 夏のクラクション
posted by omiyage at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国・香港・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

♪坂本龍一の音楽図鑑完璧盤

もし人から「坂本龍一の音楽を聴いてみたいんだけど、何か一枚CD貸してくれる?」と頼まれたら、私は迷わず「音楽図鑑」を渡します。
完成されたアルバムで、教授の代表作のひとつだと思います。

#12・#13 はボーナストラックで、特に#12「君について」は日本生命の、確か「YOU」という商品のCMで使われた曲で、テープ版にしか収録されていなくて、レコードは日本生命に加入した人の中から、抽選か何かでしか手に入らなかったと思います。
私はそれを中古レコード屋さんで見つけて、結構高いお金出して買った記憶があります。
ジャケットがいいんですよ。
教授が浴衣着て、古民家で床屋さん(と思う)に髭を剃ってもらっているところの写真ジャケット。
で、そのCMのコピーライターが糸井重里さんでした。
正確に一言一句覚えている訳ではないのですが、確か
「勇気とは、喧嘩をすることだと思っていた。ついこの間までは」とか
「LOVEという言葉は言えるのに、愛という言葉はなかなか言えない。愛、あるんだけどね」とか
他にも、何とかかんとか言って、最後「元気で丈夫で」なんていうコピーがあったと思います。
あのCMもまた見たいなぁ〜

個人的には、これは古今東西の音楽が混ざった、これ1枚で完成しているような“図鑑”なので、このアルバムはまぁ第一巻として、「“音楽図鑑 第二巻 JAZZ編”とか出してくれないかなぁ〜」と思っています。
「坂本龍一が本気でJAZZを作ったら」なんて本当に興味があるんだけどなぁ
このアルバム聴くと、いつも思います。



1. チベタン・ダンス
2. エチュード
3. パラダイス・ロスト
4. セルフ・ポートレイト
5. 旅の極北
6. M.A.Y.イン・ザ・バックヤード
7. 羽の林で
8. 森の人
9. ア・トリビュート・トゥ・N.J.P.
10. レプリカ
11. マ・メール・ロワ
12. きみについて
13. チベタン・ダンス
posted by omiyage at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

♪Eartha Kitt(アーサー・キット) の C'Est Si Bon(セ・シ・ボン)

前回、高橋幸宏の「サラヴァ !」を紹介したので、アルバム中のセ・シ・ボンを他のアーティスト、サッチモで紹介しようと(本当はこっちがお勧め!)思っていたのですが、たまたま検索してたらアーサー・キットが出てきました。


このアルバムの内容はamazonではわからないのでこちらでご確認を
http://www.naxos.com/catalogue/item.asp?item_code=8.120800

C'Est Si Bon ↓の視聴ならこちらでもどうぞ。

Eartha Kitt - C'est si bon - C'est si bon


アーサー・キットと言うと、私はまずSho-Jo-Ji(ショー・ジョー・ジ)を思い浮かべるのですが、実はセ・シ・ボンでヒットしていたんですね。
「Sho-Jo-Ji」の入ったLPは持っているのですが、それしか知らなかった〜
と言うことで、私みたいな人の為に、検索で見つけたブログも紹介させて頂きます。
“koukinobaaba”という方の「Audio-Visual Trivia for Movie & Music」というブログです。
“Eartha Kitt”に限らず、物凄い情報量を持っていらっしゃるブログで、同じブログを持っている者としては頭が下がります。
posted by omiyage at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

♪高橋幸宏のSARAVAH!(サラヴァ!)

歳を重ねて、耳が肥えてくればくるほど、このアルバムの良さが分かってきます。
「所詮日本人の・・・」などと思わないで下さい。
洋楽中心の中古レコード屋さんで、これを店に飾っているところを何軒か見たことがあります。
ヨーロッパムード漂い、ジャジーでボッサで、アメリカ、イタリア、フランスなど、いろんな曲をとり上げていて、
坂本龍一のオーケストラ・アレンジやキーボード、細野晴臣、加藤和彦、高中正義、大村憲治、鈴木 茂、山下達郎、ラ ジ、吉田美奈子、林 立夫、今井 裕、浜口茂外也、斉藤ノブ他、みんな生演奏ですよ!(当り前だけど)
とにかく高橋幸宏、加藤和彦のヨーロピアンセンスがうかがえる一枚です。
「C'EST SI BON」なんて日本語で歌ってしまっているのに、これがまたいいんだ。



1.VOLARE (NEL BLU DIPINTO DI BLU) / ボラーレ
2.SARAVAH! / サラヴァ!
3.C'EST SI BON / セ・シ・ボン
4.LA ROSA / ラ・ローザ
5.MOOD INDIGO / ムード・インディゴ
6.ELASTIC DUMMY / エラスティック・ダミー
7.SUNSET / サンセット
8.BACK STREET MIDNIGHT QUEEN / ミッドナイト・クィーン
9.PRESENT / プレゼント
posted by omiyage at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

♪忌野清志郎さん、喉頭癌で入院だぜベイベー

「ヘンよい」で矢野顕子と「ひとつだけ」を歌い(あれは良かった〜)、坂本龍一と「いけないルージュマジック」、「サン・トワ・マ・ミー」のカヴァーがテレビ番組「やっぱり猫が好き」のエンディングに。
正直これがなければ、忌野清志郎には、そんなに興味は持っていなかったと思うので、根っからのファンではないし、ヒット曲ぐらいしか知らないが、声や歌い方は「たまらんぐらい好きだ!」
「どの曲が好きです」なんてことじゃない。
「自転車盗まれた!」ぐらいでは「へぇ〜」っていう程度にしか思わなかったが、今回は・・・
知人に同じ病気で完治した人はいるが、シンガーだもんな〜、心配だ。

完治&完全復帰を、お祈りします。
今日はそれだけ。
http://www.kiyoshiro.co.jp/urgent/index.html

ラプソディー ネイキッド(DVD付)
RC SUCCESSION 忌野清志郎

ラプソディー ネイキッド(DVD付)
2005★GOD Presents ROMANCE GRAY 35 THE DAY OF R&B [PRESENT#55]+DVD(DVD付) GOD A Bigger Bang
by G-Tools
posted by omiyage at 15:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

♪Glenn Miller (グレン・ミラー) の Chattanooga Choo Choo (チャタヌガ・チュー・チュー)

細野晴臣の「トロピカル・ダンディー」に収められている「Chattanooga Choo Choo」のオリジナル。
なんと¥805(税込み)で見つけてしまった!
しかもちゃんとボーカル入りの方です。

Chattanooga Choo Choo
Glenn Miller
Chattanooga Choo Choo
曲名リスト
1. Little Brown Jug
2. My Blue Heaven
3. Bugle Call Rag
4. Stardust
5. St. Louis Blues March
6. Hallelujah, I Love Her So
7. Chattanooga Choo Choo
8. Anvil Chorus
9. Moonlight Serenade

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、実際“細野ヴァージョン”に近いのは Carmen Miranda (カルメン・ミランダ)の方で、こちらはHMVで視聴できます。

「Brazilian Bombshell25 Hits 1939-1947」
というアルバムに入っているのが近いかなっ!

「Lady In The Tutti Frutti Hat」
というアルバムに入っている方もヴァージョン違いでどうぞ。
posted by omiyage at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

♪細野晴臣のTROPICAL DANDY(トロピカル・ダンディー)

ソロ2作目であり、トロピカル3部作の1作目。
但し、B面(すみません、6曲目以降です)の「漂流記」と「三時の子守唄」は'74の日活映画「宵待草」に書いた曲なので、実質“トロピカル”はA面のみと思っていいと思います。
しかし“トロピカル”の1作目と言えども、収録時間の問題は別にして、2作目の泰安洋行と合わせて1枚にまとめて出されていても全く違和感のない完成度です。
夏はこのアルバムとラジカセ持って、海辺で暑さにまかせてダラダラとしているのがいいですね。
で、B面(^^)なんですが、これがまたいいんです!
「何故同じアルバムに入れてしまったのだろう?」と思います。

−三時の子守唄−

夢を見なさい 僕の膝で
古いレコードを 聴きながら
風も光も 窓の外
それが三時の子守唄

誰かが扉を たたくまで
古い魔法の 瓶の中に
お茶と話を 詰め込んで
寒いトタンの 屋根の下

待ちの噂を 話すから
はやり唄でも 唄うから
聴かせて 夢の続きを
それが 僕の子守唄

名曲です。
※歌詞はこちらのブログからコピペさせて頂きました。



1.CHATTANOOGA CHOO CHOO
2.HURRICANE DOROTHY
3.絹街道
4.熱帯夜
5.北京DUCK
6.漂流記
7.HONEY MOON
8.三時の子守唄
9.三時の子守唄(インストゥルメンタル)
10.漂流記(インストゥルメンタル)

ジャケットデザインについてはオリジナルがありまして、前に紹介しました
♪Procol Harum(プロコル・ハルム)のA Salty Dog(ソルティ・ドッグ)をご覧下さい。
posted by omiyage at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

♪Sondi Sodsai(ソンディ・ソッサイ)のSondi(ソンディ)

細野晴臣の泰安洋行に収められている“Sayonara”The Japanese Farewell Song のオリジナルが収録されたアルバム。
“Sondi Sodsai”はタイの女性で、なんとリバティ(マーティン・デニーと同じ)に録音されています。
が、彼女については、それ以上詳しく知りません(^^;;;

sondi-sodsai


今回は残念ながら視聴できるサイトが見当たらなかったのですが、HMVでナンシー梅木(Miyoshi Umeki)さんのものが聴ける(12曲目の方です。同じ“サヨナラ”でも2種類あります)ので、聴いたことがない方はそちらでどうぞ。
細野さんのものより、ぐんとオリジナルに近いので雰囲気は味わえますし、こちらの方も実はお勧めで、こういうのが好きな方には8曲目の「ハナ・コ・サン」も必聴です。

※ナンシー梅木(Miyoshi Umeki)さんについては、ウィキペディア(Wikipedia)ででもご覧下さい。
posted by omiyage at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

♪Hoagy Carmichael(ホーギー・カーマイケル)のHong Kong Blues(ホンコン・ブルース)

細野晴臣やマーティン・デニーがカヴァーしている「香港ブルース」のオリジナル。
ただし、ここで紹介したアルバムは別に推薦するアルバムではなく、amazonで視聴できるものが、これだったからなのでご注意を。
視聴したい方は、「ディスク:4」の6曲目をクリック。



こちら↓でも視聴、購入できます。

Hoagy Carmichael - The Old Music Master - Hong Kong Blues
posted by omiyage at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

♪細野晴臣の泰安洋行

これを聴いて自分の音楽の幅が、かなり広がりました。
チャンキーミュージックというだけあって、この一枚のアルバムには、ニューオリンズ、ブルース、ブギウギ、レゲエ、沖縄など古今東西の要素が見事にゴッチャ混ぜにされています。
トロピカル3部作の中では、これをナンバー1とする人も多いアルバムです。
「いい音楽には必ずユーモアがある」ということも実感できます。
細野さんのパラダイス志向がどんどん作品に表れてきているのもわかります。



1.蝶々-San
2.香港Blues
3.“Sayonara”,The Japanese Farewell Song
4.Roocho Gumbo
5.泰安洋行
6.東京Shyness Boy
7.Black Peanuts
8.Chow Chow Dog
9.Pom Pom蒸気
10.Exotica Lullaby
posted by omiyage at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

♪Wanda Jackson(ワンダ・ジャクソン)のFujiyama Mama(フジヤマ・ママ)

私の場合、ワンダ・ジャクソンの紹介というより、どうしても「細野さんの"はらいそ"に収録されている"フジヤマ・ママ"のオリジナル」としてのご紹介ということになってしまいます。
まぁ全曲視聴できますので、他のも聴いてみて下さると良いと思います。
ちなみに全く知らない方の為に書いておきますが、ワンダ・ジャクソンは有名な女性ロカビリーシンガーで、ついでに言うとこのアルバム¥805(税込)だそうです。(安っ!)

Rockin' With Wanda
Wanda Jackson
Rockin' With Wanda
曲名リスト
1. Rock Your Baby
2. Fujiyama Mama
3. You're the One for Me
4. Did You Miss Me?
5. Cool Love
6. Honey Bop
7. Hot Dog! That Made Him Mad
8. Baby Loves Him
9. Mean Mean Man
10. You've Turned to a Stranger
11. Dona'a Wan'a
12. I Gotta Know
13. (Everytime They Play) Our Song [*]
14. Sinful Heart [*]
15. Savin' My Love [*]
16. Date With Jerry [*]
17. Reaching [*]
18. I'd Rather Have You [*]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

♪ハリー細野とイエロー・マジック・バンドのPARAISO(はらいそ)

細野さんは「何故人間国宝にならないんだろう?」と思うぐらいすばらしい人です。
このアルパムも日本の宝物です。
勿論全曲お勧めで、はずれ無しですが、強いて言うと「東京ラッシュ」「ファム・ファタール~ 妖婦」「はらいそ」でしょうか。
中でも「ファム・ファタール」のもつ雰囲気、(例えば「YMOのシムーン」、高橋幸宏氏に提供した「昆虫記」等に共通するようなもの)は大好きで、こんなの作ってくれるの細野さんだけですもんね。

このアルバムは、トロピカル3部作の最終章であり、YMOへのスタート地点(又は架け橋)でもあります。
そしてアルバムの最後で「この次はモア・ベターよっ!」と宣言し、その後バンドでは「YMO」を、ソロでは「フィル・ハーモニー」をリリースすることになります。



1. 東京ラッシュ
2. 四面道歌
3. ジャパニーズ・ルンバ
4. 安里屋ユンタ
5. フジヤマ・ママ
6. ファム・ファタール ~ 妖婦
7. シャンバラ通信
8. ウォーリ・ビーズ
9. はらいそ
posted by omiyage at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | YMO関係とソロなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

♪Mission: Impossible(ミッション・インポッシブル)

ミッション・インポッシブルのカヴァーって色々あるけど、これも結構かっこいいと思うんだけどなぁ〜
視聴できます。

Mission: Impossible - Music From And Inspired By The Motion Picture
Original Soundtrack
Mission: Impossible - Music From And Inspired By The Motion Picture
曲名リスト
1. Theme from Mission: Impossible
2. Spying Glass [Not in Movie]
3. I Spy [Not in Movie]
4. Impossible Mission
5. Headphones
6. Weak [Not in Movie]
7. On and On [Not in Movie]
8. Claire
9. Dreams
10. You, Me and World War III [Not in Movie]
11. So [Not in Movie]
12. Trouble
13. No Government [Not in Movie]
14. Alright [Not in Movie]
15. Mission: Impossible Theme (Mission Accomplished) [Not in Movie]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私にとっては The Art of Noise の Peter Gunn と同じような存在の曲なんです。(よく解らん書き方だが)
In Visible Silence
In Visible Silence

posted by omiyage at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | サントラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

♪Nena の 99 Luftballons (ロックバルーンは99)

この曲は昔から好きで、今でもたまに聴くのですが、エンディングがライヴテイクに入れ替わるのが未だに馴染めず、「普通に聴きたかったなぁ〜」と聴く度に思います。
全曲視聴出来ます。



1.99 Red Balloons
2.Hangin' on You
3.Just a Dream
4.Let Me Be Your Pirate
5.Kino
6.Land der Elefanten
7.Leuchtturm
8.Rette Mich
9.Uner Kannt Durch's Marchenland
10.99 Luftballons
posted by omiyage at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。