2006年04月30日

♪ルパート・ハインのWaving Not Drowning 「Eleven Faces」収録!

昔、NHKラジオの「サウンドストリート」で教授が1曲目の「Eleven Faces」をかけてくれて初めてルパート・ハインを知ったのですが、当時はレコード探しまくって結局「Eleven Faces」が入ったこのアルバムを見つけられなかったのを憶えています。
現在でも結構探しているCDが廃盤や生産中止で無かったりするのに、よくこんなアルバムがあったものだと思い、ここに紹介致します。(^^)
視聴はamazonでは出来ないので、iTunes Music Store の米国(USA)で。(Rupert Hineで検索すると出てきます)



Waving Not Drowning/Rupert Hine

1.Eleven Faces
2.Curious Kind
3.Set Up
4.Dark Windows
5.Sniper
6.Innocents in Paradise
7.House Arrests
8.Outsider
9.One Man's Poison
10.Kwok's Quease*
posted by omiyage at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

♪Tom Tom Club (トム・トム・クラブ)他「E.S.アイランド」「チャクラ」

これを初めて聴いた時は「えっ!?」って思いました。(何が「えっ!?」なのかよく分かりませんが)
「え〜すみませーん 確かおたく達ってトーキングヘッズさんでしたよね〜?」みたいな!
でも瞬時にすっごく気に入りました。
「ジェームス・ブラウン」って叫んでる割にはオシャレに仕上がってるし。

Tom Tom Club
Tom Tom Club


1.Wordy Rappinghood
2.Genius of Love
3.Tom Tom Theme
4.Elephant
5.As Above, So Below
6.Lorelei
7.On, on, on, on...
8.Booming and Zooming
9.Under the Boardwalk
10.Lorelei [Remix]
11.Wordy Rappinghood [Remix]
12.Genius of Love [Long Version]

で、話は変わって、これは恐らく私だけかも知れませんが、いつも「トム・トム・クラブ」を思い出すと「E.S.アイランド」

テクノ歌謡DX(7)FUNNY INSPIRATION from SOLAR MUSIC
E.S.Island
テクノ歌謡DX(7)FUNNY INSPIRATION from SOLAR MUSIC
曲名リスト
1. ハウスワイフはbaby face
2. Mr.A-ガン
3. 夢のDjakarta
4. 夏はマジック~crazy fever
5. バナナはこんにちわ
6. 仔ブタの初恋
7. テクテクマミー
8. 真夏のクリスマス
9. Japanese Garden
10. Arabian Night

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を思い出し、(昔サンストで初めてE.S.アイランドの「バナナはこんにちわ」を聴いた時は「チャクラ」の「福の種」を聴いた時より衝撃を受けました)
「E.S.アイランド」を思い出すと「チャクラ」

CHAKRA
チャクラ
CHAKRA
曲名リスト
1. 福の種
2. マヌカン
3. あこがれ
4. 島の娘
5. 東京スウィート:モーニング・トップス~オープン・スペース~グッド・ナイト東京
6. いっしょに
7. アイ・アム・ソーロー
8. 空の友達
9. 雨

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を思い出すのです。
posted by omiyage at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

♪水原弘の全曲集 「へんな女」収録!

正直、水原弘のことも全く知りませんが、幼い頃、9曲目の「へんな女」だけは大好きで、家にシングルレコードが有って、レコードが磨り減るぐらい聞きました。(笑)



1.黒い花びら
2.愛の渚
3.黒い落葉
4.慟哭のブルース
5.遠くへ行きたい
6.女の爪あと
7.恋のカクテル
8.雪国
9.へんな女
10.好きと云ってよ
11.素晴らしい人生
12.お嫁に行くんだね
13.マイ・ウェイ
14.港はまだ遠い
15.黄昏のビギン
16.君こそわが命

ちなみにこの曲のことググッてみたら、やっぱりこんなブログありました。
歌詞が全部載ってます。

視聴はこちらで出来ます。

へんな女
posted by omiyage at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪森山加代子のしんぐるこれくしょん

正直、森山加代子のことは世代も違うし全く知りませんが、幼い頃、17曲目の「じんじろげ」だけは大好きで、家にシングルレコードが有って、レコードが磨り減るぐらい聞きました。
サンディー&サンセッツもカヴァーしている曲です。
しかしよくあんな歌詞が書けるものだ。
作詞:渡舟人(知らない)で、作曲はなんと「上を向いて歩こう」の中村八大!



ディスク: 1
1.白い蝶のサンバ
2.ふりむいてみても
3.お嫁に行きたい
4.花喰う蟲のサンバ
5.人の気も知らないで
6.恋は今死んだ
7.あなたに酔いしれる
8.火遊びのサンバ
9.嘘を許して
10.男なら我慢して
11.誘惑してね
12.バラが死んだ時
13.今が好きなら
14.悲しみは女にだけ
15.月影のナポリ
16.悲しきインディアン
17.じんじろげ
18.ジョニー・エンジェル
19.月影のキューバ
20.メロンの気持
21.女の意地

ディスク: 2
1.奇跡は一度もないの
2.忘れられた女
3.恋の魔法使い
4.階段の足音
5.待ちぼうけ
6.悲しみの終点
7.待っている女
8.旅の宿
9.どうにもとまらない
10.雨
11.北国行きで
12.ふたりは若かった
13.そして神戸
14.さすらいの天使
15.許されない愛
16.京都から博多まで
17.燃える恋人
18.雨のエアポート
19.沖縄サンバ
20.恋人と呼んで
21.MISTY
22.わたしのダウンタウン
posted by omiyage at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

♪ガービッジのVersion 2.0 とBeautiful Garbage

自らをGarbageと言ってしまう彼らだが、そんなことはない。

テレビで「Version 2.0」(2作目)の7曲目「Push It」のミュージックビデオを見たのが彼らとの出会いで、「あっ!まだこんなテクノ音楽やってる人がいるんだっ!」(勿論良い意味で)と、うれしく思ったのを憶えています。
ロックという意味では1作目の評価が高いのですが、テクノファンの私としてはこの2作目「Version 2.0」と3作目「Beautiful Garbage」がオススメ!
聴けば聴くほど捕まって逃げられなくなるシャーリー・マンソンの不思議な魅力のあるボーカル!
視聴で気に入った方は「Version 2.0」と「Beautiful Garbage」の同時購入が望まれますが、強いて言うとトータル的には「Beautiful Garbage」の方が完成度は高いかな。

Version 2.0
Garbage
Version 2.0
曲名リスト
1. Temptation Waits
2. I Think I'm Paranoid
3. When I Grow Up
4. Medication
5. Special
6. Hammering in My Head
7. Push It
8. Trick Is to Keep Breathing
9. Dumb
10. Sleep Together
11. Wicked Ways
12. You Look So Fine

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Beautiful Garbage
Garbage
Beautiful Garbage
曲名リスト
1. Shut Your Mouth
2. Androgyny
3. Can't Cry
4. Til The Day I Die
5. Cup Of Coffee
6. Silence Is Golden
7. Cherry Lips
8. Breaking Up The Girl
9. Drive You Home
10. Parade
11. Nobody Loves You
12. Untouchable
13. So Like A Rose

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

♪Buffalo Springfield の Again (バッファロー・スプリングフィールドのアゲイン)

「あっ最近聴いてない!」とレコードラックから探し出すように引っこ抜いてきて、思い出したように最近聴いたのがこれです。
今となっては一般知名度こそ無いですが、忘れて欲しくないバンドのひとつです。
自分が普段忘れていながら言うのも説得力がないのですが・・・(笑)
でもね、まぁ聴いてみて下さい。
ウエスト・コースト好き、ニール・ヤングに興味がある人、必聴です。
本当はオリジナルアルバム3枚とも聴いてほしいのですが、今日は確か細野さんも好きだと言っていた「ミスター・ソウル」や「ブルーバード」の入っている「アゲイン」をプッシュしときます。

Buffalo Springfield AgainBuffalo Springfield Again
Buffalo Springfield

Atco 1990-10-25
売り上げランキング : 36,632

関連商品

Buffalo Springfield Last Time Around Music from Big Pink Aqualung After The Gold Rush
おすすめ平均 star
star惑星直列みたいなもん
star音の海に漂いたい
star名盤と呼ぶにふさわしいものでした。
star60年代後半のアメリカへのトリップ。

曲名リスト
1. Mr. Soul
2. Child's Claim to Fame
3. Everydays
4. Expecting to Fly
5. Bluebird
6. Hung Upside Down
7. Sad Memory
8. Good Time Boy
9. Rock & Roll Woman
10. Broken Arrow

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 11:12| Comment(0) | TrackBack(3) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

♪ペレス・プラードのベスト・オブ・ペレス・プラード

幼少の頃、はまった音楽のひとつにペレス・プラードがあります。
そうです、マンボです。
幼少の頃なので単に「楽しくて面白い音楽」としか思ってなかったのですが、今聴くと「カッコいい」のです。
有名な曲としては10曲目の「セレソ・ローサ」は今でも街でBGMなんかで流れていますし、3曲目の「マンボのリズム」は確か昼のテレビ番組、小堺一機さんの「ライオンのごきげんよう」のテーマソングだし、15曲目の「タブー」は御存知、加藤茶の「ちょっとだけよ〜」なのです(笑)
あと、不思議なのは私の周りでは「マンボ No.5」は知っているのに「マンボ No.8」を知らない人が多いのです。
私の中ではポール・デスモンドの「Take Ten」の存在よりも有名なはずなのですが・・・・・(笑)



Best Of Perez Prado / Perez Prado

1.エル・マンボ
2.マンボ No.8
3.マンボのリズム
4.ババラバティリ
5.マラゲーニャ
6.ガソリン・スタンド・マンボ
7.郵便配達のマンボ
8.靴磨きのマリオ
9.ムーチョ・ムーチョ・ムーチョ
10.セレソ・ローサ
11.闘牛士のマンボ
12.ハワイアン・ウォー・チャント
13.ある恋の物語
14.グラナダ
15.タブー
16.ペルフィディア
17.ク・ク・ル・ク・ク・パローマ
18.バードランドの子守歌
19.パトリシア
20.マンボ No.5

amazonでは視聴が出来ないので、視聴はHMVでどうぞ(こちらは全曲視聴できます)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=833908
posted by omiyage at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

♪マイティー・スパロウのVolume One (BEST)

マイティー・スパロウというと当然カリプソなのだが、カリプソというと小学生の頃、ハリー・ベラフォンテのバナナ・ボートを「見せて、見せて、見せてえええよ〜」と思ってよく歌っていたのを思い出します。
まっ、それはさて置き、二十歳前後の時ぐらいにヴァン・ダイク・パークスからマイティー・スパロウを知り、最初にこのアルバムを聴いた時は「これこそ本物のカリプソだ!」と直感し、バナナ・ボートが沈んで行きました。(笑)
(今でもバナナ・ボートは大好きなので誤解なく)

私のようにヴァン・ダイク・パークスから入った人は2曲目なんか聞くと「あっ!」と思うのではないでしょうか?
とにかくマイティー・スパロウを知らないでカリプソを聴いている人は、Bob Marleyを知らずにレゲエを聴いているようなもの(笑)だと思うので、是非これだけでも聴いてみて下さい!



視聴できます。
Volume One/Mighty Sparrow

1.Jean and Dinah
2.Jack Palance
3.Robbery With V
4.Don't Go Joe
5.Our Model Nation
6.Dan Is the Man (In the Van)
7.Sparrow Come Back Home
8.Congoman
9.Federation
10.Calypso Twist
11.Obeah Wedding
12.No Money No Love
13.Govenor's Ball
posted by omiyage at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

♪Joyce(ジョイス)のフェミニーナ、そして水と光

「ブラジル音楽といえばアントニオ・カルロス・ジョビンかジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルトぐらいしか、ちゃんと聴いたことがないので他に何かないかなぁ」と思っている人(かつて私がそうだった^^;;)、
流行のボッサ聴くのもいいけど、古くても他に良いものがまだまだ沢山あります。

で、そのひとつがこれ。
アルバム2枚分が収録されているのでお得なのだ。



1.フェミニーナ
2.ミステリオス
3.クラレアーナ
4.バナナ
5.友は今
6.或る女
7.子供のようなあなた
8.ブラジルの色
9.オグンの村
10.私の歌
11.ムッシュ・ビノー
12.出逢い
13.モレーノ
14.川のほとりで
15.サンバ・ジ・ガーゴ
16.メイオ・ア・メイオ
17.バンホ・マリーア
18.もう一度,愛を語って
19.私の中の未来
20.甘い調べ~水と光…
posted by omiyage at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

♪メカーノの Aidalai

Mecano(メカーノ)のボーカルana torroja(アナ・トローハ)の声や歌い方にはまった人は結構いるんじゃないでしょうか?
スペイン語の軽いテクノポップというイメージですが、とりあえずCD 1〜2枚は買わないと気がすまなかったぐらい私もはまりました。
このオススメのアルバムでは視聴はできませんが、声は他のアルバムなんかで聴いてみて下さい。

これDescanso Dominical
なんかも結構オススメです。

もし気に入ったらana torrojaでもソロを出しているので、そちらもどうぞ。



Aidalai/Mecano

1.Fallo Positivo
2.Uno, El Dos, El Tres
3.Bailando Salsa
4.7 de Septiembre
5.Naturaleza Muerta
6.1917
7.Una Rosa Es una Rosa
8.Lago Artificial
9.Tu
10.Dalai Lama
11.Peon del Rey de Negras
12.J. C.
13.Sentia
14.7 de Septiembre [Version Acustica]
posted by omiyage at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

♪Everything But the Girl の Acoustic

シンディー・ローパーのタイム・アフター・タイムは皆さん御存知だと思いますが、当時「もっとアコースティックなヴァージョンが聴いてみたいな」と思っていたところへ友人から教えてもらい、これに出会いました。
「やったね!あるじゃん!」って感じでしたね。
このアルバムは「今でも結構好きで聴いてます」って方が多いんじゃないかな?
こういうのは世代・時代を問わずにずっと聴けるアルバムではないかと私は思います。
全曲視聴できます。



1.Love Is Strange
2.Tougher Than the Rest
3.Time After Time
4.Alison
5.Downtown Train
6.Driving
7.One Place
8.Apron Strings [Live]
9.Me and Bobby D
10.Come on Home
11.Fascination [Live]
posted by omiyage at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

♪Bow Wow Wow の I Want Candy: Anthology (Best)

マルコム・マクラーレンを紹介したので今日はバウ・ワウ・ワウも紹介しておこう。
といっても私はマルコム・マクラーレン繋がりでBow Wow Wowを知ったのではなく、昔ラジオでスネークマン・ショー特集を聴いていた時に「W.O.R.K」を聴いたのがきっかけなのです。

ジャングル・ビート、久しぶりに聴いてみませんか?



ディスク: 1
1.C30 C60 C90 Go
2.Sun Sea And Piracy
3.Louis Quatorze
4.Fools Rush In
5.Giant Sized Baby Thing
6.Radio G String
7.W.O.R.K.
8.Mile High Club
9.Prince Of Darkness
10.Orang Utang
11.Chihahua
12.Golly! Golly! Go Buddy!
13.See Jungle (Jungle Boy)
14.(I'm A) TV Savage
15.Why Are Babies So Wise
16.King Kong
17.Go Wild In The Country
18.El Boss Dicko
19.I Want Candy
20.Elimination Dancing
21.Do You Wanna Hold Me
22.What's The Time (Hey Buddy)

ディスク: 2
1.Aphrodisiac
2.Rikki Dee
3.The Man Mountain
4.Lonesome Tonight
5.Quiver (My Arrows)
6.Love Peace And Harmony
7.(I'm A) TV Savage (live in Japan)
8.Golly! Golly! Go Buddy (live in Japan)
9.Cowboy (live in Japan)
10.Mickey Put It Down (live in Japan)
11.Orang-Outang (live in Japan)
12.See Jungle! (live in Japan)
13.Go Wild In The Country (live in Japan)
14.Baby, Oh No (live in Japan)
15.Elimination Dancing (live in Japan)
16.Louis Quatorze (live in Japan)
17.I Want Candy (live in Japan)
18.C30, C60, C90, Anda (live in Japan)
19.Prince of Darkness (live in Japan)
20.GSBT (live in Japan)
21.Sun, Sea and Piracy (live in Japan)
posted by omiyage at 19:52| Comment(4) | TrackBack(1) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

♪マルコム・マクラーレンのDuck Rock (ダック・ロック)

マルコム・マクラーレンという人は「自分がやりたいことを素直にわかりやすく表現できる人」の一人ではないかと思うのです。
ヒップホップやワールドミュージックなど、いろんな音楽の要素を違和感無く、ノリの良いポップスに仕上げてしまうのはさすがだと思います。
もちろんプロデューサーのトレヴァー・ホーンの力があってこそかも知れませんが、こういう才能こそ「プロだな」と思います。

若い頃、YMOで音楽に目覚め、その後彼らの言う通り、いろんな音楽を聴くようになり、
ほとんどJ−POPと全米チャートぐらいしか知らない方たちを見ていると、
正直たまに「こんなにいい音楽を、こんなに沢山知ってていいのかな?」(笑)
と思うことがあるのですが、間違いなくマルコム・マクラーレンもその一人なのです。

デジタルリマスタリングならCDで買いなおすのになぁ〜



Duck Rock/Malcolm McLaren (全曲視聴可能)
1.Obatala
2.Buffalo Gals
3.Double Dutch
4.Untitled
5.Merengue
6.Punk It Up
7.Legba
8.Jive My Baby
9.Song For Chango
10.Soweto
11.World's Famous
12.Duck For The Oyster
posted by omiyage at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

♪美輪明宏(著)の紫の履歴書



「ヨイトマケの唄」の誕生秘話が載っています。
美輪明宏さんの自伝。
これを読んで、あなたもあなたの人生にショックや衝撃を享けて下さい。
posted by omiyage at 10:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 誰が見るのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪美輪明宏の全曲集「ヨイトマケの唄」「メケ・メケ」他収録!

恐らく私がYMOファンでなかったら美輪明宏さんの音楽には出会ってなかったのではないかと思います。
もちろん美輪明宏とYMOって直接は関係ないのですが、ご存知のようにスネークマンショーで「Dr. ケスラー」こと加藤和彦さんが「メケ・メケ」を、槇原敬之さんが「ヨイトマケの唄」をカヴァーしました。
で、当然原曲が聴きたくなり、このアルバムと出会うのです。



1.ヨイトマケの唄
2.兄弟
3.孤独
4.めぐり逢い
5.うす紫
6.いとしの銀巴里
7.砂山
8.叱られて
9.雪の降る町を
10.メケ・メケ (M'E QUE' M'E QUE')
11.人生の大根役者 (LE CABOTIN)
12.暗い日曜日 (SOMBRE DIMANCHE)
13.群衆
14.愛の讃歌 (HYMNE A L'AMOUR) (原語バージョンセリフ付)
15.花 (すべての人の心に花を)
16.老女優は去りゆく

それにしても「ヨイトマケの唄」聴いた時はぶったまげた。
そして泣いた。
posted by omiyage at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

♪アフリカ・バンバータのBeware

まだ世間にヒップ・ホップなんてジャンルがなくて、「ニュービート」としか言っていなかった頃、アフリカ・バンバータを知りました。
そうです。アフリカ・バンバータがヒップ・ホップを作ったのです。
そういう意味ではまず、出世作の「Planet Rock」やJBとデュオの「Unity」なんかから紹介しないといけないので、



1.Zulu Nation Throwdown
2.Zulu Nation Throwdown
3.Jazzy Sensation [Bronx Version]
4.Planet Rock
5.Looking for the Perfect Beat
6.Renegades of Funk
7.Frantic Situation [Vocal Version]
8.Unity, Pt. 1: The Third Coming
9.Who Do You Think You're Funkin' With? [Hip Hop Mix]
10.What Time Is It? [Live]
11.Funk You!
これ、「Looking For The Perfect Beat」というベストアルバムが良いのですが、

今日は他に是非紹介したい曲があって、それがこれ、



1.Bambaataa's Theme (Assault on Precinct 13)
2.Tension
3.Rock America
4.Kick Out the Jams
5.Funk Jam Party
6.Funk You
7.Bionic Kats
8.What Time Is It
9.Beware (The Funk Is Everywhere)

「Beware (The Funk Is Everywhere)」というアルバムに入っている「Rock America」という曲なんです。

あまり語られないのですが、昔ラジオで細野さんも紹介されていた曲です。
アルバム自体は正直名盤とは言えませんが、この曲だけは未だに好きで聞いています。
視聴はこのサイト↓が音も良いので、こちらでどうぞ。
http://www.rhino.com/store/digital/detail.lasso?upc=081227510060
posted by omiyage at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

♪Dr.John(ドクター・ジョン)のGumbo(ガンボ)

このニューオリンズの独特の雰囲気っていいですよねー
1曲目の「アイコアイコ」こと「Jockomo」という曲は沢山の人がカヴァーされているので御存知の方も多いと思いますが、やっぱりこのDr.Johnのヴァージョンが一番だと思います。
5曲目の「メス・アラウンド」も(プロフェッサー・ロングヘアーなんか聞けば分かるのですが)原曲に少し手を加えられていて、違う曲になっていますが、こっちの方がコミカルで明るいですね。
他にも4、6、8曲目など、聞いてほしい曲がいっぱい詰まっています。
ホント名盤ですね!
本人が「Gumbo」って言ってる通り、この「ごった煮感」も大好きです。



1.Iko Iko
2.Blow Wind Blow
3.Big Chief
4.Somebody Changed the Lock
5.Mess Around
6.Let the Good Times Roll
7.Junko Partner
8.Stack-a-Lee
9.Tipitina
10.Those Lonely Lonely Nights
11.Huey Smith Medley: High Blood Pressure/Don't You Just Know It/Well I'
12.Little Liza Jane

追伸、
このドクター・ジョンが気に入ったら、次はProfessor Longhair(プロフェッサー・ロングヘアー)なんかも聞いてみては?
posted by omiyage at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

♪ANTENA(アンテナ) の Camino del Sol と En Cavalle

ノンスタンダードレーベルでミカドを知り、その流れでクレプスキュールレーベルを知り、アンテナに出会う。
私以外にもこのパターンの人って大勢いるのではないでしょうか?
やっぱり私は「カミノ・デル・ソル」と「プレイバック」が大好きで、後は正直「いいんだけど、これじゃ別にアンテナじゃなくても他の人でもいいじゃん」と思われるアルバムもあったので自然と聞かなくなりました。
今聞くと、そんなこと考えずに素直に「いい」と思えますが(声も気に入ってるしね)、小遣いの都合上買ってません(^^;;

で、毎年夏になると「シーサイドウィークエンド」が聞きたくなるのですが、LPレコードが(実家に置いてるので)面倒くさくって今回CDで買いなおすことにしました。
(本当は12インチヴァージョンの方が聴きたいんだけどね)
20年程前から、夏にこんなに涼しい音楽を聴いている僕は幸せ者です。


全曲視聴可
1.Camino del Sol
2.To Climb the Cliff
3.Silly Things
4.Sessexa
5.Achilles
6.Bye Bye Papaye
7.Noelle a Hawai
8.Demoniselles de Rochefort
9.Spiral Staircase
10.Unable
11.Boy from Ipanema
12.Seaside Weekend
13.Frantz
14.Ingenuous
「Camino del Sol」ではロシュフォールの恋人たち(ミシェル・ルグラン)から「双児姉妹の歌」のカヴァーもしているぞ!



1.Play Back
2.Easy Street
3.Seaside Weekend
4.Ten Minutes
5.How Can They Tell
6.Be Pop
7.Magic Words
8.Booby Trap
9.Life Is Too Short
10.Don't Think About It
11.Time to Work
12.Blow the World Away
13.Mummy's Not at Home Tonight
14.Be Pop
15.Life Is Too Short
16.Behind the Door

ところで5月発売予定の「Toujours Du Soleil」っていうアルバム、amazonではUK盤 5/1発売で、HMVでは日本盤 5/24発売での案内があります。

あとiTunes Music Store(日本)
Isabelle Antena
では「Camino del Sol」が売ってないのですが、かわりに「Easy Does It」をおススメしときます。(フレンチボッサそのままだ)
posted by omiyage at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フレンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

♪ミシェル・ルグランのロシュフォールの恋人たち(双児姉妹の歌)

うんちく不要のこの一枚!



1.キャラバンの到着
2.マクサンスの歌
3.デルフィーヌとランシアン
4.水夫,友達,恋人,夫
5.シモンの歌
6.バラバラ事件の女
7.夏の日の歌
8.双児姉妹の歌
9.アンディの歌
10.ソランジュの歌
11.デルフィーヌの歌
12.町から町へ
13.イヴォンヌの歌
14.いつもいつも
15.キャラバンの出発

特に私はミシェル・ルグランというと、いわゆる「ルグランジャズ」でもなく「シェルブールの雨傘」でもなく、「ロシュフォールの恋人たち」なのです。
その中でも「双児姉妹の歌」最高!と思うのです。
冒頭で言ったように、うんちく不要の明るく楽しい名曲です。
残念ながら視聴が出来ないので、視聴したい方はHMVでどうぞ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=410963

そう言えば1曲目の「キャラバンの到着」ってCMで使われてましたね。
posted by omiyage at 14:56| Comment(1) | TrackBack(2) | サントラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

♪マーサ&ザ・ヴァンデラスのThe Ultimate Collection(BEST)



The Ultimate Collection / Martha & the Vandellas
(全曲視聴可)
1.Come and Get These Memories
2.(Love Is Like A) Heat Wave
3.Wild One
4.In My Lonely Room
5.Dancing in the Street
6.Quicksand
7.Love (Makes Me Do Foolish Things)
8.Live Wire
9.I'm Ready for Love
10.Love Like Yours (Don't Come Knocking Everyday)
11.Third Finger, Left Hand
12.Nowhere to Run
13.I Can't Dance to That Music You're Playin'
14.Tear It on Down
15.Honey Chile
16.You've Been in Love Too Long
17.Motoring
18.I Promise to Wait My Love
19.Forget Me Not
20.Jimmy Mack
21.I Should Be Proud
22.Love Bug Leave My Heart Alone
23.Bless You
24.Darling, I Hum Our Song
25.My Baby Loves Me

スネークマンショーでサンディーの「ジミーマック」を聴いたのが出会いでした。
当時買ったオリジナル(LP)が見当たらないのでベスト盤を紹介します。
やっぱり一番のおススメは1曲目「Come and Get These Memories」と20曲目「Jimmy Mack」です。
ダイアナ・ロス&シュープリームスとはまたひと味違った声の魅力があります。
Holland/Dozier/Holland (ホランド=ドジャー=ホランド)も、あらためて「天才だなぁ」と思います。

マーサ&ザ・ヴァンデラスのマーサは「モータウンの秘書をやっていた人」で有名ですが、その辺の経緯については詳しいサイトを見つけましたのでそちらをご覧下さい。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/mtdy/

iTunes Music Store での視聴、購入はこちら
Martha Reeves & The Vandellas - Martha Reeves & The Vandellas: Greatest Hits


セブン・イレブンで購入、受け取りしたい方はこちら

icon
icon
The Ultimate Collection
icon

↓こちらもおススメ!(DVD)
永遠のモータウン
永遠のモータウンドキュメンタリー映画 ポール・ジャストマン ファンク・ブラザーズ

おすすめ平均
starsStanding in the Shadows of MOTOWN
stars音楽に魂(ソウル)を捧げた男たちの記録。
starsSoul to Soul
stars本編は今ひとつ
stars音楽好きならこれ見て泣け!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by omiyage at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

♪Bryan Ferry + Roxy Music の More Than This (BEST)

そうだなぁ〜、とりあえず今ベスト買うとしたら、これかなっ!って感じで紹介します。
ブライアン・フェリーとかロキシー・ミュージックとか、名前しか知らない人はまず視聴をおススメします。
ベストなのでいろんなブライアン・フェリーが聴けます。
私は今たまたま7曲目の「These Foolish Things」が聴きたくなってこの記事を書いています。
若い方でも1曲目の「Virginia Plain」なんか気に入ってくれる人がいたらうれしいな!
ちなみにamazonでは



1.Virginia Plain
2.Oh Yeah
3.Hard Rain's A-Gonna Fall
4.Don't Stop the Dance
5.Street Life
6.Same Old Scene
7.These Foolish Things
8.Is Your Love Strong Enough?
9.Love Is the Drug
10.Jealous Guy
11.Kiss and Tell
12.Smoke Gets in Your Eyes
13.Dance Away
14.More Than This
15.Let's Stick Together
16.Avalon
17.I Put a Spell on You
18.Angel Eyes
19.Slave to Love
20.Your Painted Smile

ですがiTunes Music Store

Bryan Ferry - More Than This: The Best of Bryan Ferry and Roxy Music
では 1500円です。

また、上記に無い「Tokyo Joe」だけがほしい方はこちら
Bryan Ferry - In Your Mind - Tokyo Joe
posted by omiyage at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

♪松田聖子の「Candy」

松田聖子のBOXがソニーから「Seiko Matsuda」として、価格\100,000(税込)で7月19日に発売されるそうだが、YMOファンとして松田聖子を聞いていた私には関係ない。
また、細野晴臣ファンとしては当然「天国のキッス」や「ガラスの林檎」も良いのだが、「アルバムをどれかひとつ」となると、私の場合は「Candy」なのだ。



1.星空のドライブ
2.四月のラブレター
3.未来の花嫁
4.モッキンバード
5.ブルージュの鐘
6.ロックンロール・グッドバイ
7.電話でデート
8.野ばらのエチュード
9.黄色いカーディガン
10.真冬の恋人たち

「黄色いカ−ディガン」が特に気に入っていて、また細野晴臣ものではないが、このアルバムに入っている「未来の花嫁」も大好きだ。
他にも「四月のラブレタ−」や「野ばらのエチュ−ド」なんて「チュルリラ・チュルリラ」って言ってるんだぜい!懐かしいだろっ!
「何をいい年したおっさんがっ!」と笑われそうだが、若い頃に聴いていたものだから仕方がない。(笑)
amazonのアフィリエイトを利用させてもらっている都合上、買うならamazon、視聴だけで懐かしく聴くだけならHMVでってとこかな。
(amazonでは視聴できない)
posted by omiyage at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

♪ジョニー・プレストンのランニング・ベア

これも幼い頃、よく聴いていた曲です。
邦題が「悲しきインディアン」で、日本のカヴァーものもありますが、やはりこのオリジナルが一番です。
視聴出来ます。



Running Bear/Johnny Preston

1.Running Bear
2.Cradle of Love
3.Feels So Fine (Feels So Good)
4.Leave My Kitten Alone
5.Charming Billy
6.Chief Heartbreak
7.Do What You Did
8.That's All I Want
9.I Want a Rock and Roll Guitar
10.Kissin' Tree
11.My Heart Knows
12.Hearts of Stone
13.Just Little Boy Blue
14.Sitting Here Crying
15.Chosen Few
16.Up in the Air
17.Four Letter Word
18.New Baby for Christmas
posted by omiyage at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポップス&ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

♪アル・ジョルスンのスワニー

幼い頃、父親がよく聴いていた曲で大好きでした。
1曲目の「Swanee」というジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)の曲です。
口笛が好きでよくマネしたものです。(下手くそで出来なかったけど)
今でもガーシュウィンと言うとアル・ジョルスンのスワニーが思い浮かぶぐらい大好きです。
アル・ジョルスンでも、いろんなヴァージョンがあるみたいですが、私の聴いていたのはこのヴァージョンで、このCDが一番録音状態が良いみたいです。
視聴出来ます。



The Jolson Story, Pt. 2 (Rock-A-Bye Your Baby)/Al Jolson

1.Swanee
2.After You've Gone
3.Rock-A-Bye Your Baby With a Dixie Melody
4.Pretty Baby
5.Someone Else May Be There While I'm Gone
6.Avalon
7.My Mammy
8.For Me and My Gal
9.Carolina in the Morning
10.Toot, Toot, Tootsie, Goodbye
11.April Showers
12.I'm Just Wild About Harry
posted by omiyage at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

♪訃報:ジャッキー・マクリーン氏73歳

今朝の朝刊でジャッキー・マクリーンの悲報を知った。

最近ジャズを聴き始め、ソニー・クラークのクールストラッティンでジャッキー・マクリーンが好きになり、昨日amazonから届いた

4,5&6
4,5&6


のセンチメンタルジャーニー

レフト・アローン
レフト・アローン


のレフト・アローンや

スイング・スワング・スインギン
スイング・スワング・スインギン


を聴いているところだった。

レフト・アローンなんて聴くと本当に涙がでそうになる。

謹んでご冥福をお祈りします。
posted by omiyage at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

♪ピチカート・ファイヴのカップルズ



1.マジカル・コネクション
2.サマータイム・サマータイム
3.皆笑った
4.連載小説
5.アパートの鍵
6.そして今でも
7.七時のニュース
8.おかしな恋人・その他の恋人
9.憂鬱天国
10.パーティー・ジョーク
11.眠そうな二人
12.いつもさようなら

私はピチカート・ファイヴというと、やはり「佐々木麻美子」さんなんです。
声が断然にカワイイ!いまだにライヴの時の話声なんかも憶えています。

アルバムとしてもトータルでまとまっていますし、このアルバムに入っている曲はセルフカヴァーされるぐらい良い曲が多いです。
日本のポップスのスタンダード曲にしてもいいと思う曲がワンサカ。
もっと初期のテイチクから出している12インチの曲も当然大好きですが、完成度からいくとこちらです。
posted by omiyage at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本のポピュラー音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。